深圳市(しんせんし、簡体字: 深圳市拼音: Shēnzhèn英語: Shenzhen)は中華人民共和国広東省に位置する副省級市

Wikipediaより抜粋

簡体字 深圳
繁体字 深圳
拼音 Shēnzhèn
カタカナ転写 シェンチェン
粤拼 Sam1 zan3
閩拼 Chhim-chùn
潮州語 cim1 zung3
客家語 cim1 zun4
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
広東
行政級別 副省級市
成立 1979年1月23日
市委書記 馬興瑞
市長 許勤
面積
総面積 1952.84 km²
市区 395.81 km²
海抜 25 m
人口
総人口(2010) 1,322 万人
戸籍人口(2010) 251.03 万人
常住人口(2010) 1,035.79 万人
常住人口密度 5,201 人/km²
経済
GDP(2014) 16,001.98 億[1]
一人あたりGDP 149,500元
電話番号 0755
郵便番号 518000
ナンバープレート 粤B
行政区画代碼 440300
市樹 レイシ
市花 ブーゲンビリア

 

概要

深圳市は香港新界と接し、経済特区に指定されている。中国屈指の世界都市であり、金融センターとしても高い重要性を持つ。2010年の近郊を含む都市的地域の人口は1,447万人であり、世界第15位である[2]2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス人材文化政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第73位の都市と評価されており、同国本土では北京市上海市広州市に次ぐ第4位であった[3]

住民構成の特徴としては移民都市であることがあげられる。元来は宝安県として一集落に過ぎなかったものが、改革開放経済の過程で外部より労働人口が流入して都市が形成され、広東省でありながら広東語が使われる比率が極めて低い地域となっている。また深セン市には政府主導で新興事業発展のためのインフラが整えられていることから、スタートアップ企業や製造工場が数多く存在し、「中国のシリコンバレー」等とも呼ばれている。

 

Wikipediaで更に詳しく