中国最大級のハイテク展示会「ハイテクフェア」、深センで11月13日開幕!

201911月13日(水)から17日()まで、深センにて第21回 ハイテクフェア(第21回 中国国際高新技術成果交易会)」が開催される。同展示会は1999年から毎年開催されている中国最大級のハイテク展示会だ。  

今年のテーマは『共に活力のあるベイエリアをつくり、手を取り合ってオープンイノベーションを起こそう』で、グレーターベイエリアを意識した内容になった。深センは今後世界レベルの都市になり、さらに世界へ影響力のある都市になることを目標に掲げている。 

「ハイテクフェア」はそんな深センでもっとも規模の大きなハイテク展示会であり毎年数多くの人が訪れる。昨年のデータによると、参観者は約56.3万人、参加企業は3356、海外の出展企業も多い  

昨年は日本企業の出展は例年と同じくほとんどなかった。「ソフトバンク」のペッパーロボットブースと、ジェトロのブースらいで、毎年日本勢の存在感のなさをひしひしと感じるのだが、韓国やイスラエルを含めた欧米諸国の企業の出展は結構見かけた。

毎年注目されるブースとしては、「ファーウェイZTEあたりの通信系企業のブースがまずあげられる。また、深センの各エリアのブースも出ており、ここもそれぞれの区としての方向性や重点が見えるので面白い。中国各都市別ブースや、大学ブースも見どころのひと 

また、通信キャリアのブースも今回は5G絡みの展示が中心になると思うので注目したい。総合家電メーカー「シャオミ」のCEOが「力を入れる宣言しいるAIIoTAIoT”というジャンルに関してどのようなものが展示さるのか、そちらも楽しみだ。 

第21回 ハイテクフェア」のブースマップは以下の通り 

IT館
 国際メーカーパビリオン
 一帯一路館 

 エネルギー保全と環境保護
 新エネルギー
 建設科学とイノベーション
 新材料
 スマートヘルスケア
 航空宇宙 

 オプトエレクトロニクス-ディスプレイ 

 産業情報技術  

中国科学院(国家トップレベル研究施設)館
 メイカー館 

スマートシティ 

商務部(政府機関)ブース 

科学技術部(政府機関)ブース
 農業農村部(政府機関)ブース
 知的財産局(政府機関)ブース 

イノベーションリサーチ
 高度製造技術
 軍事及び民間の統合 

 今回も2階コンコースエリアにはイノベーションブースが並ぶ予定で、“優秀イノベーション展示区”と名前が付けられている。7月10月までに公募した中から厳選された製品等がべられる 

2019年9月時点では、出展企業については全く情報が公開されていないが、出展企業は毎年大きく変わることはない。逆に新しいベンチャー企業のブースところどころ見かける。個人的に昨年のブースで印象に残っのは、洗濯機の様な形をした調理ロボットブースであったり、CES話題になった“折りたためるタブレット”のROYOLE、完全防水ドローンを開発している企業だった。 

大手企業だけでなく、ベンチャー企業、部品メーカー、サプライヤー等、様々な企業のブースが並ぶこの展示会は一見の価値ある。 

今回「深セン経済情報」では、深セン在住11年のジャーナリスト・佐々木英之氏が「ハイテクフェア」を案内する1日だけの特別ツアーを開催する。佐々木氏による深センセミナーもプログラムに加えた今回のツアー、ぜひ参加してほしい。 

視察ツアー名:「第21回 ハイテクフェア」視察ツアー
日程:11月16日(土)
内容:ハイテクフェア視察および深センセミナー

ハイテクフェア公式HP

【ツアー料金】
深セン市内集合の場合:38,800円税別)/1名
※定員17名、深セン市羅湖区の「粤海酒店(Guang Dong Hotel Shenzhen)」集合予定
※料金にはツアー中の移動費、ランチ1回、懇親会ディナー1回が含まれます
※航空運賃、ホテル代は上記に含まれておりません。 

②飛行機、ホテル代込みの場合:約15万円〜(都度お見積もり)
※ツアー料金も上記に含まれます(ツアー移動費、ランチ1回、懇親会ディナー1回も含む)
※日本の旅行会社JTBとの提携パッケージとなります(空港送迎はありません) 

関連リンク
https://whitehole.asia/2018/11/17/chtf/

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です