中国スマートフォンの新しい名刺 “ワンプラス”

 深セン特別区のニュースによると、深センに本社を置くワンプラスは、高品質のスマートフォン製品を製造するという主力製品戦略で近年、驚くべき海外市場での業績を達成し、中国ブランドの新たな名刺となっている。

ワンプラス

Counterpointが発表した最新のレポートによると、2018年にワンプラスは世界のトップ5のハイエンドスマートフォン市場で首位にランクインした。ハイエンド携帯電話市場で最も急成長しているブランドの1つとなった。同報告書によると、インド市場において2018年第4四半期にワンプラスが新たな販売記録を達成し、インドのハイエンド市場を3四半期連続でリードし、市場シェアの36%を占めると指摘された。

 最近、ワンプラスの創設者兼CEOであるLiu Zuohuがインタビューの中で、今後登場するSuper Flagship Plus 7 Proは「画期的な」画面を使用し、5Gネットワ​​ークをサポートすると述べ、これによりユーザーのビジョンと操作に新しい体験を提供する。

 2013年にワンプラス携帯電話が設立された。世界の携帯電話業界にとって、旧来の機種からスマートフォンに変わる重要な年である。同社が目指しているのが、インターネットを通じて「唯一の品質」という形でユーザーに最高の品質技術の製品を提供するということである。

 スマートフォン市場はすでに安い価格戦争に別れを告げており、若者向けもハイエンドの主力戦略で市場に参入した。私たちはユーザーエクスペリエンスのアップグレードを中心に、より良い製品を常に企画していくとLiu Zuohu氏が発表した。その一つは画面のデザインであり、ユーザーが最もよく触り、最も人間工学的なインターフェースであると考えており、その結果、彼は新製品の画面をカスタマイズするために1億元近くの研究開発費を投資した。商品品質への拘りにより多くの消費者から高い評判を得ることができた。

 

【PR】深セン視察ツアー毎月開催中!
深センツアー

日本 × 深セン(中国)オープンイノベーションサービス『BAKU-SOKU』

深センアクセラレーター

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です