中国ブロックチェーンと産業融合フォーラムのメディアインタビュー、深センで開幕

5月5日、「2018世界製造業大会」および「中国ブロックチェーンと産業融合フォーラム」のメディアインタビューが深センで行われた。今回のメディアインタビューでは、最近ブームとなっているブロックチェーンを活用し、「Made in Shenzhen」のブランド力を強化していく方針が発表された。

深センの関係者によると、2018世界製造業大会がワールド中小企業連盟、国際連合工業発展機関(UNIDO)などの機構によって開催される。今回の大会では、中国、ドイツ、アメリア、フランス、イギリス、日本、韓国などの製造分野で強い国々の関係者や研究者が参加し、世界製造業における最先端の研究成果や理念を発表する。それに、深セン発のインテリジェントマニュファクチャリング企業は中国の主力になると予測されている。

大会における重要な部分としては、「中国ブロックチェーンと産業融合フォーラム」も「2018世界製造業大会」と同時に行われる。「中国ブロックチェーンと産業融合フォーラム」では、「製造業のシーンにおいて、ブロックチェーン技術をいかに生かすか」というテーマについて議論する。関係者によると、製造業のデジタル変革を図るために、高度な自動化生産技術をマスターするだけではなく、ビッグデータ、AIやブロックチェーンなどの最新技術の活用も必要になってくるという。

今回のフォーラムでは、スマートロボット、音声認識、ブロックチェーンの応用プロダクトが発表された。一方で、インテリジェント・マニュファクチャリング・システム(IMS)、量子通信、新エネルギー車などの最先端技術も展示される。

 

 

ソース:南方都市报

http://www.oeeee.com/html/201805/06/620511.html

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です