ROYOLE(柔宇)で新しいイノベーションを体験!!

 深セン商務日報によると、530日は「国家科学技術労働者の日」であり、この日、記者が深センスマートフォン代表企業のROYOLE(以下柔宇)を訪問し、最先端の製品を体験した。柔宇は世界初の6世代フルフレキシブルスクリーン生産ラインを深圳龍崗区に設置した。面積は約10万平方メートルで、建築面積は約40万平方メートルである。

 ソフトウールの生産ラインでは、記者はフルフレックススクリーンの生産を見学した。スタッフは記者に対し、現在のフレキシブルスクリーンは柔宇が製造した屏風式携帯電話に適用されていると語り、さらに柔宇の副社長Fan Junchaoは、「薄型スクリーンには、2000万を超えるフレキシブル超精密デバイス、600万のフレキシブル集積回路、および100種類近くのマイクロナノフィルム材料が組み込まれています」と紹介した。柔宇は、世界中の20以上の国と地域から2,000人以上の従業員を擁し、研究開発担当者は70%以上を占め、3,000以上のコアテクノロジーの知的財産権を所有している。20186月に完全フレキシブルディスプレイを世界規模で量産した後、柔宇は201810月に世界初の折り畳み式フレキシブルスクリーン携帯電話「Soft」を北京で発売し、その後、SamsungHuaweiが相次いで近い商品を発売したことで、更に注目されるようになった。

 市場調査会社のIHSは、折りたたみ式携帯電話の出荷台数は2025年で5000万台に達し、年平均成長率は80%に達すると予測している。Fan Junchaoは、世界初の消費者向け折りたたみ式スクリーン携帯電話「Soft」のリリース以来、オムニチャネルの販売状況が予想を超え、折りたたみ式スクリーン携帯電話が近い将来の業界トレンドになると信じていると述べた。

 

 

PR】深セン視察ツアー毎月開催中!
深センツアー

日本 × 深セン(中国)オープンイノベーションサービス『BAKU-SOKU』

深センアクセラレーター

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です