深セン企業トップ100 1位は華為(Huawei)でも騰訊(Tencet)でもない

深センは中国の1級都市となっており、大企業がここにはたくさんある。“2018 深セン企業TOP100”の中で5位以内の企業は、ほとんどの人が耳にしたことある企業である。

華為(Huawei)、騰訊(Tencet)もそこに含まれる。深センには多くの著名企業があるが、一体どこが一番稼いでいるのか。おそらくこの問題については華為(Huawei)もしくは騰訊(Tencet)だと考える人は多いだろう。しかし、皆さんは知らないだろうが、実際は深センで一番稼いでいる企業は華為(Huawei)でも騰訊(Tencet)でもない。他の企業である。

まず、騰訊(Tencet)については、ランキング5位となっている。騰訊(Tencet)の前には、万科(Vanke)と招商銀行がある。深センの実力は巨大だが、IT巨大企業である騰訊(Tencet)深センにおいてはランキングの5位にしかならない。騰訊(Tencet)のマーケットは5位以内の企業に比べると市場規模が小さい、そうなると深センの競争力はどれだけ大きいのか。

華為(Huawei)は騰訊(Tencet)よりも上で、しかも上場していない企業である。華為(Huawei)の市場は国内だけにとどまらず海外にも進出している。華為(Huawei)の製品の中で主要なのは通信設備で、たくさんの国家に華為(Huawei)の影がある。現段階で各種の研究開発を行っているので、華為(Huawei)はこの先更に成長していくだろう。しかし2017年末の段階では、Topに敵わなかった。

深センで一番良い企業は、それは中国平安である。なぜ、中国平安は華為(Huawei)、騰訊(Tencet)よりもよいのか、その理由は、中国平安が稼いでるお金がこの2社よりも多いからである。中国平安はただの保険会社ではない。彼らは、保険、銀行、投資の3つの主力業務を一体として、金融とフィンテックを個人の生活サービスの発展を担っているグループ企業である。銀行でもある彼らの利益は大きく、利益がわかりやすい。

彼らが恐れているのは華為(Huawei)、騰訊(Tencet)が手を組んだとき、彼らの利益は中国平安と並ぶか追い越してしまということだ。

ちなみに、4位は万科(Vanke)で1984年設立、不動産業を行うデベロッパーである。現在では国内最大の住宅開発企業となっており、業務は珠江デルタ、長江デルタ、渤海圏と中国の三大都市圏と中西部にまで及ぶ。3位は招商銀行で中国で1つ目の企業法人となった商業銀行で、すでに上海と香港で上場している。全国展開している大銀行である。

 

参考

https://mbd.baidu.com/newspage/data/landingshare?context=%7B%22nid%22:%22news_9995431024333443700%22%7D&pageType=1&isWiseFrom=1

 

 

【PR】深セン視察ツアー毎月開催中!深センツアー

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です