深セン5G+導入によりもたらされる変化

 新華社通信428日のニュースによると、深セン銭海は5Gネットワ​​ークを完全に網羅する国内初のエリアとなったことを発表した。 5G警察署、5G病院など5Gの商品化ペースは加速され、新たな変化に期待できる。

 まず、5Gの警察署では、アイアンマンパトロールが人間に代わり職務に就くべく待機している。 「アイアンマン」は眠る必要はなく、24時間パトロールすることができる。さらに、カメラデータをリアルタイムで送信でき、追跡なども可能である。警察署の関係者によると、5Gネットワ​​ークの広帯域幅、低遅延、および広い接続性を利用し、法執行シーンの幅を広げている。無人偵察機、検査ロボット、ARメガネ、ビッグデータ分析などの技術を組み合わせ、スマート端末をアップグレードし、AI分析を深め、3次元の法執行システムを構築することが期待できる。

 

 5G病院については、誰が現場にいるのか?患者の現在の状況はどうか?これは、患者が4G環境下において救急車で病院の緊急治療室に搬送されるときによく尋ねられる最初の質問である。しかし、5Gの適用により、入院前に情報を伝達し、効率の向上が期待できる。深セン初の5G病院の建設が深セン第三人民病院で開始された。深セン第三人民病院の担当者は、「5G病院」の将来の状況について説明した。救急車が患者の元に到着した瞬間から、患者のバイタルサインとモニタリング映像がリアルタイムで病院に送信される。また、院外の専門家が遠隔で映像を確認することも実現でき、現場の外科医とともに難治性疾患の5G手術を行うことができる。

 

 5Gと産業の融合は巨大な市場チャンスをもたらすであろう。 20193月に発表されたChina Telecomの「5G産業経済貢献」は、2020年から2025年の間に中国の5G商業事業によって直接推進される総経済生産高は10.6兆元に達すると予測している。

【PR】深セン視察ツアー毎月開催中!
深センツアー

日本 × 深セン(中国)オープンイノベーションサービス『BAKU-SOKU』

深センアクセラレーター

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です