深センにて5Gの商用実験を実施

 広東省工業情報技術部の2019年第1四半期のニュースブリーフィングから、産業情報技術部は5G建設の展開を強化し、2019年に広州と深センで1万局の5G基地局の建設を計画している。

 基地局は、今年中に広州と深センにおいて5Gの商業試験の実現に主導権を握るよう努めている。現在、広州は200台以上の5G基地局を建設し、無人車、無人機、無人船、超高精細ビデオ、VR(バーチャルリアリティ)/ AR(拡張現実)などを含む10個以上5Gの実験シナリオを展開している。 5G開発の最前線である大湾地区の情報ハブは、将来構築されるそうだ。報告によると、来年、5Gライセンスの発行により、珠江新城、北京路、バイオ島、中新知識市および他の地域が5G信号の使用を開始する予定。 2022年には、広州の中心部のほとんどの地域で5Gの電波がカバーできる見込み。

 

 広東省産業情報技術局によると、広州と深センに加え、今年は他の都市でも5G基地局の建設が開始される予定だ。 5Gアプリケーションシナリオの実施を促進するために、産業情報技術局は5G産業の発展を加速するための行動計画を検討、策定している。産業情報技術部の関係者によると、「5G着陸には多数の基地局が必要であり、密度は4G3倍であり、約500m以内に基地局が必要で、電力消費は大きく、バッチで構築される。」5G基地局は狭い場所に設置でき、街灯や信号灯に吊り下げることができる。

 

 広州市産業情報局から、2019年に主要都市および重要地域で5G信号を実現するために、2019年に5Gマクロ基地局を5万台、広州モバイルで5,000台、広州ユニコムで3000台を計画すると発表した。また継続的なカバレッジとして、チャイナモバイル、チャイナユニコム、チャイナテレコムは市内の1230個の5Gテストサイト支援施設の建設を完了させている。

【PR】深セン視察ツアー毎月開催中!
深センツアー

日本 × 深セン(中国)オープンイノベーションサービス『BAKU-SOKU』

深センアクセラレーター

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です