AIは新制造(スマート製造)の新たなエンジンとなる!

人民日報によると、科学技術革命と産業変革の新ラウンドを牽引する重要な原動力として、新制造(スマート製造)は中国におけるイノベーションの波を引き起こしている。デジタル技術を生産と消費に結び付けるだけでなく、生産自体の動作モードを内部から革新し、データを移行するだけで生産ラインに触れずに生産効率を最適化することができる。


“スマート製造”による産業の変革とアップグレードに焦点を当てた、第20回大連国際産業見本市のオープニングでは、今年のイベントのハイライトとなっている。AI機器、3D印刷技術、産業用ロボット、現代の生物医学等が4万平方メートルの展示場に展示されている。デジタル化プロセスは伝統的な生産チェーンを再構築し、中国におけるスマート製造の強い勢いとなっている。

デジタル技術が生産チェーンを再定義することで、新たに自動化されたデジタルおよびインテリジェントな製造が近づいている。デジタルワークショップでは、生産効率の向上のために生産チェーンのあらゆる面で積極的なコラボレーションを行い、AI生産ラインでは、ヒューマンマシンシナジーの共存を形成するためにロボットと一緒に作業している。他に、3D印刷技術等を通じて部品を個別の形で印刷することができる。ソフトウェアはより賢く、ロボットはより器用で、ネットワークサービスはより便利になる。この傾向は多くの中国の工場で実証されている。

新制造(スマート製造)は、供給と消費をビッグデータとアルゴリズムでうまく統合し、カスタマイズされた製造と柔軟な生産を実現させる。例えば、中国ブランドの「Zhufu Copper Art」は、消費者データ分析を使用して、ユーザーの好みから適したリビング銅彫刻を作成し、5世代にわたって受け継がれてきた古いブランドを復活させる。

【PR】深セン視察ツアー毎月開催中!

深センツアー

日本 × 深セン(中国)オープンイノベーションサービス『BAKU-SOKU』

深センアクセラレーター

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です