テンセントスマート小売が動く、全国初の自動化飲食店が深センに登場!

顔認識で扉を開けて。顔認識で支払う、飲食業界のスマート化も進んできている。5月8日、周黒鴨(鴨肉加工食品の小売店)とWeChatPayが提携して

周黒鴨×WeChatPayスマート店舗が南山区で正式に開業した。消費者はこの店舗で顔認識とAIなどの新しい技術がの新世代販売方式を体験できる。

顔認識支払いで、スマホが無くても30秒で買い物が完了する。

消費者は初めてお店に入る時、WeChat上出アカウント作成と顔認識をする必要がある。次からは直接顔認識で入店可能となり、スマホでQRコードをスキャンする必要もなくなる。

商品を選んだ後に、消費者は商品をセルフレジのところへ持っていきそこに置くだけで精算は終わる。レジの上に設置されているカメラが商品の数、種類、値段を高速で識別するため、今までのスーパーなどのように一つ一つバーコードをスキャンする必要もない。また、現在出ている無人コンビニのように商品に付けられたタグを識別する必要もないのである。

支払い時、消費者はWeChatPayのパスワード免除支払いをアクティベートして顔認識を行った後に、直接支払えるようになる。これでQRコードスキャンでの支払いは不要となる。買い物一連の流れが30秒ほどで終わる。

WeChatPayの6大効能が飲食小売のスマート化を推進

周黒鴨×WeChatPayスマート店舗の中でWeChat支払い、顔認識、AI商品識別、WeChatミニプログラム、WeChat会員カード、WeChatSNSマーケティング、の6つの効能を利用でき、それにより店舗内全てをデジタル化する。WeChatPayがスマート小売におけるソリューションとして提供するようになる。

買い物の課程で、顔認識とスマホによるスキャンでユーザーのアカウントを確定し、カメラを利用した画像認識で商品を識別し、AIによるディプラーニングが画像認識の精度を上げることで効率化することで、スマート買物が可能になる。

店舗運営をする上で、ビッグデータの分析を利用して、店舗内の商品選び、SKU管理、商品陳列及び、店内の導線管理などが可能になる。WeChatミニプログラムとオフィシャルアカウントを使ってオンラインにおけるマーケティングもしやすくなり、販売店の運営効率が飛躍的に伸びる。

周黒鴨CEO郝立曉氏は次のように話している。今回WeChatPayと手を組んだことで、周黒鴨は全国初のスマート店舗をオープンすることが出来た。WeChatPayにおけるビッグデータや会員システム、支払い解決方案など、様々な方面での力を借りることで、周黒鴨のスマート小売戦略を進めることが可能になった。

 

WeChat事業グループの副総裁 耿志軍氏は、周黒鴨×WeChatPayスマート店舗は一つのチームが細分化して進めており、提携先の人、物、場所の三方面を掘り下げていき成果を出している。WeChatPayのチームは将来、様々な提携企業と一緒にスマート小売におけるイノベーションが可能になる。顧客の為に消費をスマート化させていく。

 

 

ソース:http://hy.stock.cnfol.com/bankuaijujiao/20180509/26403953.shtml

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です