深セン2023年までの人工知能発展計画を発表!

 深センは人工知能開発のため、5年ごとにロードマップを発表する。政府広報によると、「深セン新世代人工知能開発行動計画(2019-2023)」(以下「行動計画」と呼ぶ)は、2020年と2023年、段階的に開発目標を提案し、国家トップのポジションを築こうと努力している。人工知能技術革新システムは、新世代の人工知能と実体経済の密接な統合を促進し、深センを中国の人工知能技術革新の中心、世界の人工知能産業へも貢献していく。

 深センの人工知能産業はあらゆる分野へ浸透している。AIアプリケーションのシナリオは豊富で、最終消費財への供給は強いことが特徴だ。 「行動計画」は、人工知能理論の研究、主要技術、主要製品、産業用アプリケーション、インフラストラクチャー、人材育成、標準化システム、空間レイアウトなどで構成され、人工知能の分野における革新的な能力およびサービス能力は、経済・社会の発展に対する強力な支援を提供できる。

 行動計画では、2020年までに10個以上革新的な通信事業者、20個以上主要な科学技術産業開発プロジェクトが構成され、35個国際最先端人工知能チーム、および510個技術主導研究機関が導入および訓練される予定。細分化分野で10個以上の大手企業を育成し、人工知能コア産業の規模を100億元、関連産業の規模を3000億元に目標とする。

 「深セン新世代人工知能開発行動計画(2019-2023)」を達成するために、政府からも全力でサポートする予定だ。

 

PR】深セン視察ツアー毎月開催中!
深センツアー

日本 × 深セン(中国)オープンイノベーションサービス『BAKU-SOKU』

深センアクセラレーター

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です